税理士なら京都・吉本税理士事務所におまかせください。贈与税の基礎控除の間違った理解や計算方法、速算表など

トピックス

トピックス[目次]へ

贈与税の基礎控除と計算方法

基礎控除額

贈与税の基礎控除額は110万円です。これは皆さんよくご存知ですね。ただ、間違って理解されていることがたまにあります。

■例

AさんがBさんから100万円もらいました。またAさんはCさんからも100万円もらいました。この場合、それぞれ110万円以下だから贈与税はかかりませんね? と聞かれることがありますが、贈与税はかかります。贈与者一人につき110万円の基礎控除でなくて受贈者一人につき110万円です。

■計算式は

(100万円+100万円)− 110万円 = 80万円
となり、80万円に対して贈与税がかかってきます。
この場合の贈与税額は
80万円 × 10% = 8万円 となります。

贈与税の税率

贈与税の税率は10%から50%までで、累進課税となっていて、贈与額が大きくなればなるほど税率が大きくなります。

■贈与税の速算表

基礎控除後の

課税価格 税率 控除額
200万円以下 10%
300万円以下 15% −10万円
400万円以下 20% −25万円
600万円以下 30% −65万円
1000万円以下 40% −125万円
1000万円超 50% −225万円

課税期間

また、贈与税は暦年(1月1日から12月31日)で計算します。ですので年をまたがって12月に100万円、翌年の1月に100万円の贈与であれば、それぞれ110万円以下なので贈与税はかかりません。

各種控除・軽減規定

贈与税の基礎控除額110万円の他に、

  • 贈与税の配偶者控除
  • 住宅取得資金の贈与の特例
  • 相続時精算課税制度による贈与

などを適用すると贈与税が軽減されます。これらの規定の解説はまた今後していく予定です。