税理士なら京都・吉本税理士事務所におまかせください。相続人について、配偶者やその他の相続順位を例をあげてご説明します。

トピックス

トピックス[目次]へ

2005年9月20日掲載

あなたの相続人は誰ですか

相続人について

突然ですが、もしあなたが亡くなった場合、あなたの相続人は誰になるか、考えたことありますか?

相続税がかかる・かからないは別として、あなたの現金・預金・動産・不動産などの財産、借金は、相続人が相続することとなります。

今回は相続人についてご説明します。

配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人となります。
配偶者とあと誰かということになりますが、その順位は次の通り。

相続人の順位

順位
配偶者(常に相続人)+ 1位:子
2位:直系尊属(父・母・祖父・祖母など)
3位:兄弟姉妹

■例を示すと次のようになります。

配偶者、子供、父、姉がいる場合→配偶者、子供
子供、母、兄がいる場合→子供
配偶者、父、弟がいる場合→配偶者、父
父、母、妹、弟がいる場合→父、母
配偶者、兄、妹がいる場合→配偶者、兄、妹

代襲相続、同時死亡、胎児の相続権、遺留分等については次回以降に特集する予定です。